旧吹屋小学校校舎は、明治33年(1900)の尋常高等小学校の校舎として建設以来、子どもたちの日々の生活を見守りつづけ、平成24年(2012)3月末まで現役最古の木造校舎として使用されてきました。現在、岡山県の重要文化財に指定されています。

詳細情報

校舎の傷みが激しいことから、平成27年度より保存修理を行っております。そのため、現在校舎の内部、外観ともに見学することはできません。